BBQレンタルのバーベキュー・ジャパンは、東京、西東京、神奈川、埼玉のエリアをカバーする関東コスパナンバーワン手ぶらBBQ。楽チン手ぶらBBQは当店へ!
釜の淵公園

~BBQ場写真日記~釜の淵公園(東京都 青梅市)

秋薫る10月の25日。

東京都青梅市にある釜の淵公園に取材に行ってきました。

この公園は高田橋河川敷福生南公園のように公園から直接河原に出られ、その場でBBQを楽しめる公園とのことで到着前からかなりの期待です。

昭和レトロな雰囲気漂う青梅の街を愛車カローラのナビを頼りに一路釜の淵公園バーベキュー場取材へ。

 

「かんぽの宿青梅」を過ぎると左手に味のある手書きの釜の淵公園駐車場案内が見えます。

駐車場内に進入し想像以下のこじんまりとした面積に驚きますが1台分のみ空きが有ったので素早く駐車しました。

数えてみると10台分のスペースのみでかなりの狭さです。

 

釜の淵公園 かんぽの宿側駐車場

釜の淵公園 かんぽの宿側駐車場

 

坂を下り芝生の広場へ出ると川沿いに舗装された歩道が伸び、植えられた木々は紅葉の装いで目を楽しませてくれます。

芝生広場は中規模の広さで木々でおおわれています。

さくらの木もたくさん見えますので春季にはお花見が楽しめるでしょう。

 

釜の淵公園 鮎美橋

釜の淵公園 鮎美橋

 

多摩川を渡す鮎美橋を中ほどまで渡り、河原を見下ろすとバーベキューを楽しむお客様が数組いらっしゃいました。

さすがに10月も半ばを過ぎると利用者も少なくなるのでしょうか。数えて6組程度の方々がBBQを楽しんでいます。

同業の出張バーベキューレンタル業者の姿もチラホラ見えます。

 

釜の淵公園

釜の淵公園

 

河川敷に降り川の様子を観察すると流れはそれほど速くなく深さも足首の上ぐらいでしょうか。

大人がついていれば小さなお子様でも遊べるようです。

BBQスペースは十分な広さです。30名~50名程度の中規模な人数でものびのび過ごせるでしょう。

是非バーベキュー・ジャパン出張バーベキューレンタルをご利用いただきたいです。

 

 

河川敷を後に公園内に戻ると左手に藁ぶき屋根の古民家が見えます。

この家は旧宮崎家住宅と呼ばれ19世紀初頭に建てられた農家との事で、建物中心に囲炉裏が有り壁には様々な生活道具等が展示され当時の生活の様子が垣間見れます。

管理業務をされている方が囲炉裏に火をくべてくれ、その姿はなかなかの風情でまるで絵葉書でも切り取ったようでした。

 

釜の淵公園 住宅内

釜の淵公園 旧宮崎家住宅内

 

その後郷土博物館に立寄り、直径190㎝の巨大な醤油ダルや青梅線の歴史等の展示を見学しました。

また、博物館並びには最近めったにお目に掛かれない現役稼働中の公衆電話ボックスがありノスタルジックな気分に浸ります。

 

釜の淵公園 博物館内

釜の淵公園 博物館内

 

釜の淵公園 醤油樽

釜の淵公園 醤油樽と電話ボックス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひと通り散策したので駐車場へ戻りかけたとき東方向へ延びる散策路を発見。

確認の為、進むと公園内にもう一つの橋が見えます。橋の名は龍淵橋。

橋の中ほどで下を見下ろすと広い河川敷が見えます。こちらでも2組ほどのグループがBBQを楽しんでいます。

 

釜の淵公園 龍淵橋

釜の淵公園 龍淵橋

 

釜の淵公園

釜の淵公園

 

橋を渡るとそこには市民プールが併設されており100台収容可能な有料駐車場が有ります。

かんぽの宿側の駐車場は収容台数が少ないのでこちらを利用される方がよろしいでしょう。

夏季は混雑が予想されるのでお早めに。

 

釜の淵公園 市民プール側駐車場

釜の淵公園 市民プール側駐車場

 

河川敷に降りるとこちらは多少流れが速く深いようです。

小さいお子様は小さな支流が有りますのでこちらで水遊びをされればよろしいでしょう。

youtube動画で確認してください。

 

 

以上釜の淵公園写真日記でした。

詳細はおすすめBBQ場ページでご覧ください。

釜の淵公園

BBQレンタルはこちら